忍者ブログ

[PR]

2017年01月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お気に入りの曲

2009年03月05日
チャームブレスレット

マライア・キャリーの「through the rain」です。アルバム「charmbracelet」の中の1曲目です。この曲には、思い出があります。私がとても、とても、落ち込んでいた時、出会った曲です。そして、泣いて、いました。失恋した訳ではありません、そして、この曲はラブソングではありません。簡単な説明の仕方だと、「人生の応援歌」みたいな、歌詞です。楽曲は、始めっから、なぜか、リラクゼーションな雰囲気がしました。メロディーは、本当に素晴らしいです。そして、歌詞!!!人生につまずいた時、あれもこれも辛い事ばかりだけど、信念さえ失わなければ克服できる、と、マライアからのメッセージソングです。私は、マライアのファンですが、何故、ファンかというと、彼女自身の生い立ち、苦労、それが、歌にそのまんま、出ているからです。dvdも何回か見ましたが、彼女は、半分黒人の血が流れていて、ゴスペルも歌っている所も見ました。彼女がデビューしたのは、もう10年以上前ですが、当時は天才とか、音域が何オクターブとか、そういう風に音楽評論家は評価していましたが、彼女の、歌の迫力の元。それは、彼女の生い立ちの苦労や、痛みや、苦しみや・・・それを歌詞に込めそのまんま、歌いその迫力だと感じるのです、なので、私自身が辛いとき、悲しい時、彼女の歌を聞くと、泣いてしまうのです。私は去年、アメリカ、laへ行きました、丁度、グラミー賞の時で(ラッキーな時に行ったと思います)彼女を生で見たわけではありませんが、テレビで、彼女が目に涙を浮かべながら、叫ぶ様に歌っているのを見た時に・・・とてつもない、震える様な感動を受けました。その時の彼女は、外見はびっくりする位太っていましたが(当時アメリカのゴシップ誌には、その事について、なんやかんや書いていましたが)そんなの、関係ない!外見なんて関係ない!と、思わせるほどの感動でした。

PR